福岡では警備の求人が多数!世界水泳開幕!


世界水泳とは、世界のトップレベルの水泳選手たちが集結する、権威ある競技会です。2001年からは、基本的に2年に1度開催されており、世界各国でハイレベルな戦いが繰り広げられています。

そんな世界水泳、今年は福岡で開催!
それに伴って、福岡では警備の求人が増えてきています。今回は、世界水泳2023について、さらにそれに伴って激増している警備のお仕事についてご紹介いたします。

「世界水泳」とは?

「世界水泳」の正式名は「世界水泳選手権」といって、主催するのは、世界水泳連盟(World Aquatics)です。世界水泳は、水泳界では夏季オリンピックに次ぐ重要な競技会であり、数多くの世界レコードが、この世界水泳から生まれています。

記念すべき第1回は1973年に開催されましたが、その当時は2年から5年の間で不定期に行われていたので、2023年で20度目の開催となっており、2001年の第9回福岡大会以降は夏季オリンピックの前年と翌年で、基本的に2年に1度の定期開催で行われています。2022年以前の大会は、世界水泳連盟の前身である、国際水泳連盟(FINA)が主催していました。
2023年に日本で行われる最新の大会が「世界水泳選手権2023福岡大会」です。福岡市での開催は、アジア初開催となった2001年の大会から、実に22年ぶりの2回目となります。2023福岡大会では、約200ヵ国の地域より、約2400人が参加する予定で、世界最高のスイマーが一堂に会します。また、東京オリンピック2020では不可能だった有観客にて各試合を催し、約40万から50万人が来場する見込みとなっています。

2023年の開催はいつ?

世界水泳2023の開催日程は、2023年7月14日〜7月30日で、17日間の予定です。各競技の試合日程や時間に関する詳しい情報などは、公式サイトのチケットページより確認することができます。
実施競技は、競泳・飛込・ハイダイビング・水球・アーティスティックスイミング・オープンウォータースイミングの全6競技です。水泳界の頂点が決まる世界水泳、日本代表選手のみならず、世界トップレベルのスイマーたちの活躍を応援していきましょう。


これだけ多くの人が、この期間に同じ場所に集結するのですから、福岡ではさまざまな施設や職業での仕事が増えてきています。警備の求人もそのひとつで、この大会を機に募集が激増!警備のお仕事とは、具体的にどのようなことをするのでしょうか?

警備の仕事とは?

警備業が、その存在を広く認識される契機になったのは、東京オリンピック(1964年)の選手村での警備で、その後高度経済成長期における、企業の合理化と雇用の拡大を背景に、急速に発展していきました。
昨今では警備業者は1万社を超え、警備員は約59万人という、とても大きな産業となっています。
その業務内容は、施設警備や雑踏、交通誘導警備、運搬警備、身辺警備等さまざまで、警備業は人々の生活のあらゆる場面で、安全を守る生活安全産業として定着しています。それに加えて、テロ対策としての警備業務や空港や原子力発電所などの重要な施設の警備業務には、専門的知識と能力を有する警備員が求められており、警備業務は、質的にも高度化しています。
また全国警備業協会では、2011年に警察庁との間で「災害時における緊急支援活動に関する覚書」を締結しており、大規模災害発生時に、警備業界が迅速かつ効果的に災害支援活動を実施できるよう「全警協災害支援隊」を発足させ、体制の整備と強化に、継続的に取り組んでいます。刻一刻と変化する国内や国際情勢の中で、人々の安全と安心への関心は、さらに高まってきています。
警備業の果たす役割は、ますます重要になると考えています。

まとめ

今年は世界水泳もあり、大盛り上がり間違いなしの福岡ですが、警備業の他にもさまざまな業種で多数の求人が見られます。plusworkではたくさんの求人を取り扱っていますので、これから新しくお仕事をお探しの方は、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか?

関西の警備求人はこちら

関東の警備求人はこちら

条件を選んで検索

条件から探す

福岡県

その他